模型と硬貨

高利率な不動産投資ならみんなで大家さん|共同不動産購入とは

  1. ホーム
  2. リスクの想定

リスクの想定

つみきと紙幣

マンション投資は不動産商品の中では比較的リスクが低く、安定した収益を得ることができる方法の一つですが、万が一に備えてリスクを考え、最小限に抑える方法を知っておくことは大切です。ここではマンション投資にはどんなリスクが潜んでいるのか考えてみましょう。
マンションは立地条件が良いものほど収益が高く、リスクが低いものです。都内であれば問題ないですが、地方のマンションの場合は、周囲の建物に影響を受けやすいという特性があります。病院や大学のそばであれば立地が良いといえますが、工場の場合はリストラや閉鎖によって居住者が減ることになります。近年はただでさえ過疎化が問題視されているので、地方でマンション投資するということは、都内にマンションを持つよりもリスクが高いといえるでしょう。
マンションには小さいワンルームタイプと家族で住めるファミリータイプがあります。当然ファミリータイプの方が収益は大きくなりますが、借り手が決まるまでに時間が掛かり、空室リスクが高いという問題点があります。ご夫婦の一方が気に入っても一方が渋ったりということがあるので、ファミリータイプで大きな収益を目指すよりも、ワンルームをいくつか所有して効率よく回した方が収益が大きくなる場合もあります。特に最近は単身世帯が増えているので、ワンルームならば借り手が決まらないというようなことはないでしょう。リスクという面で考えるなら、マンション投資はファミリーよりワンルームの方が安心だといえます。このように状況によって背負うリスクも変わるので、あらゆる可能性を想定して回避しましょう。